啓蟄の青空

真夏のブログ リンクは右下 
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --  comment  T  --:--
 43回目
昨日の夜考えた事を忘れた。

僕の記憶なんてそんな物さ。

なんかすごい鬱な気分になるよ

水滴が降るだけでなにもできないし


雨が本当に嫌いだ

僕の好きな夕焼けも久しく見てない。

ああ

忘れもしない
それは2002年の7月12日午後6時半をまわった時。

中学に入って初めての大会の前日、
グラウンドの整備を終えて一人帰るときだった。


素晴らしい空を見た。


橙に染められている雲の白。
西方に輝かく夕の太陽がものすごく眩しかった。
本当にキレイで、僕なんかが口で表現する事は到底無理な空。
全くベタに"ちっぽけだなぁ俺"ってなって本当に泣きそうになった。
次の日が大会で心踊る気持ちとほんの少しだけ涼しい夕方の風。


そんな中で見た大好きだったあの空も4年が経ち
頭の中で確実に色褪せてきている。

ぼんやりと消えていくと思うと
消えて欲しくない記憶だなと改めて思う。

でも、そんな事は無理なんだろうな。

人の記憶なんてそんな物だろう



昨日の夜考えてた事と全然違うよw
スポンサーサイト
2006.02.16 Thu  comment  T  02:24
  • を検索できるよ→
name  mail  url 
pass     secret?
trackback url
http://girl88.blog34.fc2.com/tb.php/45-c247e9c8





photo:BONTEN  skin:byebye
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。